BS-G2024MRのパスワードが分からない場合の初期化とファームウェアアップデートの方法

 

昨年末、データセンター機材のリプレースを実施した際に、
古い機材をかなりの台数撤去しました。

 
その中の一台は研究用の古い機材で、
記録されているパスワードではログイン出来なくなっていました。。
しかし廃棄するにしても初期化しなくてはいけない。どうしよう?
 
でも、できるんです。
 
同じような状況があるかわかりませんが、、
こんな状況で困っている方や自分の備忘として、初期化の手順を記載いたします。
 
お約束ですがこの手順を実施した結果、何が起きても当方は責任を持ちませんので、
くれぐれも自己責任でお願いします!

まずは準備

【用意する物】

  • 作業用PC
  • USBシリアル変換ケーブル (PCのシリアルポートがあれば不要)
  • インターリンククロスケーブル
  • LANケーブル (ストレートでもクロスでもOK)

 
【作業用PCの下準備】

STEP1:「BS-G2024MR」を「作業用PC」と接続して起動

  1. 電源の入っていない「BS-G2024MR」を「作業用PC」とシリアル接続する。
  2. 作業用PCでTeratermを起動し、「Serial」のラジオボタンをチェックして「OK」
    「File>Log…」でログを保存しておくと後で安心です。
    e84dc3a76d625e968f0ac1475ed4e2c5[1]
  3.  

  4. 「BS-G2024MR」の電源ケーブルをつなぎ電源をいれる。
    Teratermに文字が出てくるのですぐに[Ctrl] + [C]を何回か押す。
    ※「login: 」の表示が出てしまったら電源投入からやり直しです。
     

    Booting……

    Memory Test … PASS

    Decompressing…OK

 

STEP2:HARDWARE INFOをメモする

  1. 「BUFFALO BS-G2024MR BOOT-LOADER MENU 」が表示されたらOKです。
     

    <<< BUFFALO BS-G2024MR BOOT-LOADER MENU >>>

    > SYSTEM INFO:
    Hardware Version : 01
    Boot-Loader Version : 2.0.0.2
    Runtime Version : 4.2.0.20
    ——————————————
    IP Address : 192.168.1.254
    Subnet Mask : 255.255.255.0
    Default Gateway : 192.168.1.1
    TFTP Server : 192.168.1.1
    Boot-Loader FileName : boot.rom
    Runtime Image FileName : bsg2016mr_24mr-42020.rom

    MENU OPTIONS:
    Press [P] to Enter POSC Diag Module
    Press [H] to Set Hardware Info
    Press [G] to Get Hardware Info
    Press [B] to Enter Backdoor
    Press [D] to Download Boot Code
    Press [L] to Download Runtime Code
    Press [J] to Jump to Runtime

  2. [G]を押すとHARDWARE INFOが表示されるのでこれをメモします。
     

    HARDWARE INFO:
    Signature (invalid) = 0xXXXXXXXX
    Serial Number (serial) = 0x00000001
    Device Board ID (bid) = 2
    Hardware Version (hwver) = 01
    MAC Address (macaddr) = 00:1D:73:XX:XX:XX
    Local IP (ip) = 192.168.1.254
    Subnet Mask (mask) = 255.255.255.0
    Default Gateway (gateway) = 192.168.1.1
    TFTP Server (tftpaddr) = 192.168.1.1
    Model Name (model) = BS-G2024MR
    Boot-Loader Name (bootname) = boot.rom
    Runtime Name (runtimename) = bsg2016mr_24mr-42020.rom

 

STEP3:Flashの消去を完了して再起動する

  1. 「BUFFALO BS-G2024MR BOOT-LOADER MENU」に戻り、[P]を押す。
  2. 「BUFFALO BS-G2024MR POSC Diag Module」がでるので、[W]を押す。
    すると、「This will wipe out the entire flash memory except the Boot-ROM?」と聞かれるので、[Y][Enter]
    「Flash Wipe Completed」が表示されればFlashの消去完了です。

    > BUFFALO BS-G2024MR POSC Diag Module:

    POSC OPTIONS:
    Press [M] for DRAM Test
    Press [U] for UART Test
    Press [T] for System Timer Check
    Press [L] for LED Pattern Check
    Press [F] for Fan Functional Detect
    Press [I] for Internal Loopback Test
    Press [X] for External Loopback Test
    Press [B] for Burn-In Test (for Manufacture Use)
    Press [R] for System Reboot
    Press [W] for Complete Flash Wipe
    Press [Q] for Quitting the POSC Diag Module

    DNI.POSC>
    This will wipe out the entire flash memory except the Boot-ROM ? [Y/N] Y

    Start Flash Wipe …
    Wiping Sector [ 64 / 64 ]
    Flash Wipe Completed
    Total 64 Sectors, Wiped 53 Sectors, Preserved 11 Sectors

  3.  

  4. 「BS-G2024MR」の電源を抜き差しして再起動。
    すると下記のような表示がでます。

    WARNING – [hwinfo_init]Hardware Info Unsigned !!

    Initialising Default HW Config

    Hardware Info or MAC Address is Invalid, Please Change It !!
    > HARDWARE INFO:
    Signature (invalid) = 0xFFFFFFFF
    Serial Number (serial) = 0xFFFFFFFF
    Device Board ID (bid) = 2
    Hardware Version (hwver) = B01
    MAC Address (macaddr) = FF:FF:FF:FF:FF:FF
    Local IP (ip) = 192.168.1.254
    Subnet Mask (mask) = 255.255.255.0
    Default Gateway (gateway) = 192.168.1.1
    TFTP Server (tftpaddr) = 192.168.1.1
    Model Name (model) = BS-G2024MR
    Boot-Loader Name (bootname) = boot.rom
    Runtime Name (runtimename) = runtime.rom

    DNI.POSC>

  5.  

  6. STEP2-2でメモしたHARDWARE INFOを参照し、「invalid」「serial」「macaddr」「runtimename」を設定。「runtimename」は準備した新しいファームウェアのファイル名になります。最後に「exit」入力後「Save before Exit ?」と聞かれるので[Y][Enter]

    DNI.POSC> invalid 0xXXXXXXXXX
    DNI.POSC> serial 0xXXXXXXX
    DNI.POSC> macaddr 00:1D:73:XX:XX:XX
    DNI.POSC> runtimename bsg2016mr_24mr-42020.rom
    DNI.POSC> exit
    Save before Exit ? [Y/N]Y

  7.  

  8. 再起動が始まるので、すぐに[Ctrl] + [C] を何回か押す。
    間に合わなかった場合は電源のOFF/ONして[Ctrl] + [C] を何回か押す。
    成功すると「BUFFALO BS-G2024MR BOOT-LOADER MENU」が表示されます。

 

STEP4:新しいファームウェアをインストールして完了

  1. 作業用PCのIPアドレスを「192.168.1.1」に設定し、TFTPサーバーを起動します。
    TFTPサーバーのCurrent Directoryは準備したファームウェアを保存した場所を選択してください。

    ipaddress

    tftp1

    tftp2

  2.  

  3. LANケーブルで作業用PCと「BS-G2024MR」を接続して、[L]を押し、[Y][Enter]
    すると作業用PCから新しいファームウェアの転送が始まります。
    ※転送が始まらない場合は、作業用PCのセキュリティソフトやパーソナルファイヤーウォールを無効化してみてください。
  4.  

  5. 転送が無事に終了すると
    「Do you want to update runtime image? [Y/N]」と聞かれるので[Y][Enter]

    しばらく待って「System initializes OK」が出たら完了なので、何かキーを押す。

  6.  

  7. 「login:」と出るので「admin」、パスワードは無しでログイン。(初期ユーザー/パスワードです)
    ログインできれば初期化完了です。
    同じユーザー/パスワードでWeb UIもログインできます。

    webui

 

この後は、ご利用の環境に合わせて設定して使ってください!

マニュアルはこちらから

http://buffalo.jp/download/manual/b/bsg20242016mr.html

(記事担当:渡邉)