忘れることのできない光景 [ 1 ] 大規模コミュニティサイトがオープンした瞬間

 
忘れることのできない光景…
いくつかありますが、その中からひとつのエピソードをご紹介します。
今の原点となる出来事のひとつとなりました。

とても一言では語りきれないので(笑)、
3回にわたって、ご紹介していこうと思います。

失敗できないWebコンテンツの大規模改修

今から13年前の2003年夏、
AXISではクライアント様のWebコンテンツの大規模改修をおこなっていました。
メインクライアントの当時50万ユーザーのログインシステムを含む大改修です。
 
このプロジェクトは、
もともとはクライアント様の要望であるものの、
既存サービスの統合を行って、利用者へのサービス品質の向上と、
効率的な開発・運用をしたいという、AXISの強い要望もあり、
予算を確保していただいたものなので、失敗はできません

 

日程はタイト、課題も山積み、リソースは足りない。
今のAXISから考えると、悪夢・・・と言って良いかもしれない。
無謀無計画365日・24時間営業のハチャメチャな労働環境でした。
(まだ若かった、うん。そういうことにしておこう。)

PC
 

10月初旬のカットオーバーを目指して、多くの課題を1つずつ・・・
ではなく、多くのことを同時進行で進めねばなりません。

公開後、ものすごい勢いで流れるログ!

精神的にも、肉体的にも、限界、極限状態な中、
ついに公開されました!
 
 
その瞬間、
 
 
動作確認用の通信ログ出力モニター画面に、ものすごい勢いで流れる、ログイン情報やコメント。
それはオープンした瞬間を待つように訪れる人々を示すものでした!
 
 
鳥肌が立つほどの感動。
流れていくログを飽きることなく、見つめ続けていました。

 
 
今でも、
この時の感動を時々思い返します。
 
アクシス
 
 
(記事担当:水谷)