MENU

ローカル仮想ブラウザRevoWorks Browser

RevoWorks Browserとは

RevoWorks browserはクライアントPC内のセキュアなコンテナ環境のみがインターネットWebサイトと接続。高い安全性と容易な操作性を実現する仮想ブラウザソリューションです。

項目 環境分離方式 Web無害化方式 画面転送方式
従来製品 RevoWorks Browse
分離度(安全度)
利便性
コスト

高い安全性と容易な操作性を実現

RevoWorks Browserの特長
1)クライアント内に生成されるコンテナ内のブラウザを使って安全にインターネットへアクセス
2)ローカルブラウザと同等なネットワーク通信帯域、また通常の日本語入力機能も利用可能
3)ファイルダウンロード時にファイル無害化、ファイル脅威(サンドボックス)チェックなどを利用可能
4)ZoomやTeamsなどに対応、Web会議を安全に行えます
5)サーバー型インターネット分離ソリューションSCVXと管理機能を共通化し、ハイブリッド構成をサポート
6)同時アクセス、ユーザーおよびユーザーサブスクリプションの3種類のライセンス体系

コンテナ技術で安全にインターネットを閲覧

インターネット経由の脅威から守る
インターネット専用パソコンで社内ネットワークと分離

インターネット専用のパソコンを用意して、社内ネットワークから分離する方法です。しかしこの方法では社内ネットワークとは別にインターネット専用パソコンとそのセキュリティ対策も必要になり、コスト負担が大きくなります。また、パソコンを使い分けるユーザーの負担も大きくなります。

RevoWorks Browserなら、コンテナ技術により
一台のパソコンで安全なインターネットを実現

RevoWorks Browserではコンテナ技術により、信頼できる社内ネットワークと信頼できないインターネットを、ローカル環境とコンテナ環境で分離して、安全な作業環境を構築します。

コンテナ終了時にユーザーフォルダは削除され、お気に入り・履歴はサーバーに保存されます。

ダウンロードしたファイルを安全に利用する

一般のセキュアブラウザ

セキュアブラウザの多くは、ブラウザを閉じた時点でデータを全て削除することで安全性を維持しているため、インターネット経由でダウンロードしたデータを他のアプリケーションで使用するには別のソリューションが必要になります。

RevoWorks Browser

RevoWorks Browserでは、メールに添付されたファイルやインターネットサイトからダウンロードしたファイルを無害化し、マクロ等を取り除いた状態でファイルを利用したり、ファイル脅威(サンドボックス)チェック機能で、マルウェアを検知することでマクロ付のエクセルファイルをそのまま安全に利用できる機能が搭載されています。

Web会議を安全に実施

Web会議システムを利用する上で、心配なのがセキュリティリスクです。

オンライン上で気軽にやりとりができる反面、セキュリティ対策が不十分だと、マルウェアなどに感染して社内情報の漏えいにつながる可能性があります。

テレワークの浸透で今や必要不可欠となったWeb会議システム。
RevoWorks Browserは、ZoomやCisco Webex、Microsoft Teamsを、Google ChromeとMicrosoft Edge(Mozilla Firefoxは非対応)で安全にご利用いただけます。

コストパフォーマンスが大幅に向上

ローカルコンテナのため、コンテナを実行するサーバーが不要です。大規模構成やクラウドサービス提供時のコストパフォーマンスがサーバー型仮想ブラウザと比較して大幅に向上しています。また、ライセンスもクライアント側だけです。

ライセンス

機能/ライセンス種類 RevoWorks Browser
Browser
Sanitizer(ファイル無害化)
Virus&Threat Checker(ウイルスチェックとサンドボックスチェック) オプション

RevoWorks Browserの主な仕様

項目 RevoWorks Browser
管理サーバー RevoWorksシリーズ共通
対応ブラウザ Firefox、Chrome、Edge
対応アプリケーション
仮想方式 ローカルコンテナ
仮想ブラウザ
URLリダイレクト ローカルのIE/Chromeに対応
ブラウザ設定集中管理 Web管理コンソールでの設定
共通のクライアント証明書配布
テンプレート機能(提供予定)
ライセンス 同時アクセス、ユーザー、同時サブスク、ユーザーサブスク
クラスタ Master、Slaveのみ
ローカルコンテナのためコンテナサーバーは不要
クライアント RevoWorks Browserクライアント
オプション ファイル無害化(標準機能)
ウイルスチェックとサンドボックスチェック(オプション機能)
ローカルコンテナで実行
Web会議対応
サポートOS

Windows10 64bit:マイクロソフトがサポートする半期チャネル(SAC)をサポートします。
※Windows11 に対応する方針ですが、対応時期は未定です。

Windows10 Pro:20H2以上

Windows10 Enterprise:2004以上(但し、2004は2021/12/14でサポート終了)
必要なライブラリ .NET Framework 4.5.2 以上
Visual Studio 2015、2017、および 2019 用
Microsoft Visual C++ 再頒布可能パッケージ
ネットワーク要件 Proxyが別途必要

よくあるご質問(FAQ)

Qアドオンはコンテナの中にインストール可能との事ですが、ブラウザを閉じたら消えてしまいますか?ブックマークなども同様ですが、保持されるとしたらどこに保存されるのでしょうか?

A ブラウザはコンテナ内でユーザー毎に下記のようなフォルダに分かれています。
①アドオン(プラグイン) ②プロファイル(ブックマークなど) ③ダウンロードフォルダ
RevoWorks Browserでは、①は残りますが、②の一部と、③の全てをコンテナ終了時に削除する仕組みになっています。

Q構成イメージでProxy経由になっていましたが、必須ですか?オプションですか?

A 使い方によりますが、インターネット分離用途でのご利用の場合必須となります。

QZoomなどのWeb会議アプリは利用できますか?

A Zoom、Cisco Webex、Microsoft Teamsを、Google ChromeとMicrosoft Edge(Mozilla Firefoxは非対応)でご利用いただけます。

Q無害化したログ(無害化の結果)は確認できますか?

A 管理サーバー上にログが残ります。下記が主にログとして残る項目です。無害化したファイル名、日時、実行したユーザー、プリント、ファイルダウンロード、アップロードなど。

お問い合わせから導入までの流れ

1.お問い合わせ

まずは、ご要望やご質問などを弊社までご連絡ください。2〜3日後に弊社からお打ち合わせ日時などについてご相談させていただきます。

2.お打ち合わせ

ご希望の日程でご要望や状況についてお伺いさせていただきます。オンラインミーティングもご用意しています。

3.ご提案&お見積り

お打ち合わせ内容を基に、最適なプランとお見積り金額をご提案いたします。

4.ご契約・導入

ご契約後、システム導入となります。システム運用は専門スタッフがサポートいたします。

関連コンテンツ

お問い合わせ・資料請求はこちらから

RevoWorks製品に関するご質問は、お問い合わせフォームで、お気軽にご相談ください。

RevoWorksの製品パンフレットやカタログがダウンロードできます。

お客様の状況やご要望をお聞かせください。お打ち合わせフォームで、ご希望日時をご連絡ください。