MENU

Sophos Email

パスワード付ZIPファイル廃止へ

中央省庁でPPAPが廃止になり話題となっています。
PPAPとはファイルをメールに添付して送るときにパスワード付きのZIPファイルとして圧縮、暗号化した形で送信し、追ってパスワードをメールで後送する手法で一般企業ではセキュリティルールの一環として実施している企業が多くあります。

廃止になった理由は、パスワード付のZIPファイルはEmoteなどのマルウェアの乗り物となってセキュリティフィルターをすり抜けてしうことがあります。
また、攻撃者がターゲットにした企業のメールを盗聴していた場合、添付ファイルの付いた1通目、パスワードを記した2通目の両方が見られている可能性が高く、セキュリティ効果はほとんどありません。
また、このメールをスマートフォンで受信すると、ZIPファイルを開くアプリが必要になります。
セキュリティとしては危険で手間だけ掛かる仕組みであるという事です。


では安全で手間の掛からない方法で添付ファイル付きのメールを送るためにはどのようにしたらいいのでしょうか?
解決策の1つとして、Sophos Emailをご検討ください。
送信者は通常通りにメールを送信して、受信者はいつも通りにメールを受信して受信者が設定したパスワードでファイルを展開するだけで安全に添付メールを開くことができます。

AI を搭載したクラウド型メールセキュリティ

AIを搭載したクラウド型メールセキュリティソリューションSophos Email は、Sophosの統合管理コンソール「Sophos Central」から利用するクラウドベースのメールセキュリティ対策製品です。

最新のAIを活用して、不要と思われるメールや悪意のあるメール脅威から機密情報や従業員を保護します。
今日、メール型脅威は目まぐるしく変化しており、悪意のあるファイルと無害なファイルを見分けるのはますます難しくなってきています。
成長中の企業には、既知の脅威だけでなく、未知の脅威にも対抗できる予測型のメールセキュリティ対策が必要です。

また、Sophos Email は、一日に数百万通ものメールを処理する SophosLabs のグローバルネットワークから提供される脅威インテリジェンスを活用することにより、1時間に数千個も発見される新たな脅威を漏らさず検出します。

Sophos Emailの特長

  • 予測型のメールセキュリティ対策で既知・未知の脅威をブロック
  • ランサムウェア、スパム、フィッシング攻撃を阻止
  • メールの暗号化やデータ流出防止により、機密データを保護
  • Office 365 やその他の主要プラットフォームに対応
  • Active Directory との自動同期
  • エンドユーザーと管理者がアクセス可能なセルフサービスポータル

AI で未知の脅威に対応

Sophos Email のサンドボックス機能「Sophos Sandstorm」には、Sophos Intercept X と同じテクノロジーのディープラーニング・ニューラルネットワークが組み込まれており、脅威、マルウェア、不要と思われるアプリケーションを含む不審なペイロードだけでなく、ランサムウェアなど、文書ファイルに埋め込まれている高度な脅威も検出することができます。
Sophos Sandstorm は、こうしたファイルを複数の仮想マシンで実行して、エンドユーザーの実環境をシミュレートし、動作を監視したうえで、PDF にとどまらずその他の文書ファイルも安全な状態で配信します。

ランサムウェア対策

業界でもっとも高度なランサムウェア対策テクノロジーを搭載しており、動作解析を用いて未知のランサムウェアやマスターブートレコードに対する攻撃を阻止します。

ステルス攻撃をブロック

ソフォスの高度なURL検知機能は、従来のゲートウェイ対策をすり抜けるフィッシングサイトURLを送り付け、メール配信後にマルウェアを Web サイトにアップロードするといったステルス攻撃にも対抗でき、悪意のあるURLから社員を保護します。

Sophos Time-of-Click Protection では、メールの配信前およびリンクのクリック時にWeb サイトのレピュテーションがチェックされ、ステルス性を持ち、遅れて実行される攻撃をブロックします。

なりすましメールをブロック

Sophos Email によるフィッシング防御は、表示名や類似したドメイン名のチェックに加えて、SPF、DKIM、DMARC 認証方式とメールヘッダーの異常解析機能を組み合わせて行います。
これにより、正規のメールを識別・許可し、フィッシング攻撃によるなりすましメールをブロックするため、安心してメールが利用できるようになります。
グローバルに展開する SophosLabs の脅威インテリジェンスネットワークを活用して、1時間に数千個も発見される新たなスパムや脅威を漏らさず検出するのも大きな特徴です。
IP レピュテーションフィルタリング機能で 90% のスパムを社内ネットワークの手前で遮断し、残りをソフォスのスパム・ウイルス対策エンジンが検出します。

機密情報の保護

Sophos Email のプッシュ型メール暗号化機能と データ漏洩防止(DLP:Data Loss Prevention)機能 で、機密情報を保護し、コンプライアンス対応を容易にします。

コンテンツ制御

メールや添付ファイルにある、財務情報、機密コンテンツ、健康情報、個人識別情報などを検出して、機密情報を保護します。

  • シームレスな暗号化の統合でグループや個人ユーザーに複数のルールポリシーなどのデータ侵害保護ポリシーをきめ細やかに制御。
  • ソフォス コンテンツ コントロール リストを使用してカスタム CCL を作成するか、特定の CCL 用に事前設定済みのテンプレートをカスタマイズ。
  • 次世代型のエンドポイント保護とともに、メールのデータ流出防止を管理。
メール暗号化

機密データを保護し、コンプライアンスを容易にします。
Sophos Email のプッシュ型メール暗号化機能は、メッセージ本文と添付ファイルにある機密データを自動的にスキャンします。
これにより、メッセージをブロックまたは暗号化にするポリシーをわずか数クリックで簡単に設定します。
また、ソフォスのアドインの O365 を使用するとメールの暗号化をユーザーに許可することもできます。

包括的なレポート機能

Sophos Email には統計レポート機能が備わっており、Sophos Central のコンソールからグラフや表形式のレポートを表示できます (すべて表示期間を指定して出力することが可能)。
レポートには以下の項目が表示されます。

  • メッセージの履歴 (削除済み、隔離済み、処理中、配信済み、配信エラー、配信待ちのメッセージ)
  • メッセージの詳細 (差出人/受信者情報、状態、Raw ヘッダ詳細、添付ファイル)
  • メッセージのサマリー (メッセージ形態 (送信/受信/社内)、スキャン数、正規メッセージ数、スパムメッセージ数、ウイルス数、DLP ポリシー違反数、高度な脅威数、リアルタイムのブロックリスト該当数、企業のブロックリスト該当数、認証エラー数)
  • サンドボックス (Sophos Sandstorm)で分析されたメッセージ数
  • Time-of-Click Protection による URL 保護(もっともスキャンされた URL 上位 100個)

Office365とシームレスに統合

Sophos Email は高い柔軟性を備えており、ユーザー、グループ、あるいはドメイン全体ごとに固有のポリシーもわずか数分で作成できるため、貴重な時間を節約できます。
Microsoft Office 365、Google G Suite、オンプレミス型Exchange 2003 以降など、さまざまなメールプロバイダとシームレスに統合し、ドメインと DNS レコードが制御可能なあらゆるメールサービスを保護することが可能です。

Sophos Email の機能一覧

保護と管理Email Advanced
受信メッセージのスキャン
送信メッセージのスキャン
ドメイン / グループ / ユーザーポリシー
管理者およびユーザーによる隔離メールの管理
管理者が管理する許可 / ブロックリスト
AD Sync または Azure AD Sync
緊急インボックスへの常時アクセス
メッセージ処理拠点(英国、ドイツ、米国)
スパム対策フィルタ
Sophos Delay Queue
インバウンド SPF、DKIM、DMARC
表示名と類似したドメイン名の解析
マルウェア対策フィルタ
クリック時の URL 保護
Sophos Sandstorm
プッシュ型メール暗号化機能
TLS 暗号化の適用
データ流出防止
コンテンツ コントロール ポリシー
(キーワードおよびファイルタイプ)
ダッシュボードのレポート表示および詳細なレポート
Sophos Central からのロールベースによるアクセス

関連コンテンツ

お問い合わせ・資料請求はこちらから

Sophos製品に関するご質問は、お問い合わせフォームで、お気軽にご相談ください。

Sophosの製品パンフレットやカタログがダウンロードできます。

お客様の状況やご要望をお聞かせください。お打ち合わせフォームで、ご希望日時をご連絡ください。

お電話でのお問い合わせ

営業時間 平日 9:30~11:30 / 13:30~17:30
土・日・祝日は休業とさせていただきます。

050-3196-5333