MENU

Sophos Mobile

IT管理者が発見できたモバイルデバイスへの
サイバー攻撃は、わずか10%

現在、ほとんどの人がメールにアクセスできるモバイルデバイスを持ってます。
メールを開く機会が増えるほど、フィッシングメールをクリックする可能性が高くなります。

ソフォスが2019年3月に公開したレポート「7つの気になる真実-エンドポイントセキュリティ」によるとIT管理者が発見できたモバイルデバイスへのサーバー攻撃は、わずか10%という結果でした。

Sophos Mobile

Sophos Mobile は、モバイルデバイス、およびデスクトップパソコンを管理・保護するための統合エンドポイント管理  (UEM:Unified Endpoint Management) ソリューションです。ソフォス統合管理コンソールSophos Centralと連携し、デバイスを一元管理・保護します。

Sophos Mobileの特長
  • 包括的な UEM ソリューション
  • ソフォスの統合管理コンソール「Sophos Central」で一元管理
  • Sophos Container によるメール、文書ファイル、Webコンテンツのコンテナ化
  • iOS / Android デバイス上のMicrosoft Office 365 アプリの管理と設定
  • 端末全体の管理 (会社所有デバイス) または Sophos コンテナのみの管理 (BYOD デバイス) が可能
  • Android ゼロタッチおよびApple DEP の広範なサポート
  • フレキシブルなセルフサービスポータル

動作環境
Android 5.x 以降、iOS 11.x 以降、Windows 10 バージョン 1511 以降 (デスクトップ OS)、macOS 10.13 (High Sierra)
Chrome OS 77 以降
※OS、バージョン、デバイスの機種によっては使用できない機能もあります。

統合エンドポイントとコンソールで一元管理

Sophos Mobile を使えば、管理者は、会社支給・私物を問わず、モバイルデバイスおよびディスクトップパソコンを、単一のシステムで管理・保護することができます。また、ソフォスの統合管理コンソール「Sophos Central」 により、ソフォスのすべてのセキュリティ製品を、使いやすく、デザインが共通の、単一のコンソールで管理できます。また、従業員が個人の デバイスを業務に利用している場合、セルフサービスポータルを使用して、従業員自身がデバイスを登録できるほか、パスワードをリセットしたり、ヘルプファイル参照したりできるため、管理者の手を煩わせません。さらに企業ポリシーや、 プロファイルは、 リモート操作により設定することができます。

最新の法人向けモバイルセキュリティ

Sophos Intercept X for Mobileは、Interceptの アプリのディープ ラーニングエンジンを活用して、既知および未知のモバイル脅威からユーザー、デバイス、企業データを保護します。
企業ポリシーに準拠していないデバイスを、自動的に企業データへのアクセスを制限したり、問題の修復をすることも可能です。
法人向けセキュリティ対策に特化したソフォスならではの製品技術で、業務データ、ユーザー、モバイルデバイスを安全な状態に保ち、保護します。

個人データのプライバシーを守りつつ業務データを保護

Sophos Mobile は、メールや文書ファイルをコンテナ内で利用する機能が搭載されています。
デバイス全体を管理下に置かず、コンテナのみのを管理することで、従業員のプライバシーを侵害することなく、業務データを安全に保つことができます。
社員が個人で所有しているスマートフォンやタブレット、ノートパソコンなどを業務に活用するBYOD(Bring Your Own Device)を導入している企業には最適なセキュリティ対策システムです。
従業員は、好きなデバイスを使用し、好きなやり方で仕事ができるため、生産性が向上します。

Microsoft Office 365 アプリの管理と設定

Sophos Mobile を使用してモバイルデバイス上の Office 365 アプリを管理、設定できます。
管理者は、Sophos Mobile の集中管理インターフェースを使用することによって、ポリシーの作成、配信などの操作を大幅に効率化することができます。

Sophos Mobile はユーザー単位の価格体系なので、手頃な価格でモバイルデバイスを管理・保護できます。

ライセンス

機能製品名
Sophos Mobile AdvancedSophos Mobile StandardIntercept X for Mobile
デバイス管理 
アプリケーション管理 
コンテンツ管理  
Sophos Container (Secure Email、Secure Workspace)  
マルウェア / ランサムウェア / 業務上不要と思われるアプリ / スパム対策 
悪意のある Web コンテンツ対策 
中間者攻撃 (man-in-the-middle)の検出 

Sophos Container

高度な AES-256 で暗号化されたセキュアな Sophos Container が、デバイス上の業務データと個人データを分離し、 モバイルデバイス上の企業の機密情報を保護します。
従業員は、iOS / Android 対応のアプリを使用して、 簡単にコンテナ化されたコンテンツにアクセスできます。
Sophos Secure Email は、ビジネス用のメール / 予定表 / 連絡先を格納するセキュアなコンテナアプリで、 Sophos Secure Workspace は、文書ファイルのコンテナ化機能や、 社内サイトを安全に閲覧できるセキュアなブラウジング機能を提供します。
コンテナのみの管理では、 管理者は、モバイルデバイス自体を管理する必要がなく、 Sophos Secure Workspace アプリと Sophos Secure Email アプリで業務データの制御を行います。
この管理手法は、 従業員のプライバシーを守りつつ、 業務データやメールを保護できるため、 BYOD (Bring Your Own Device) を導入している環境に最適です。

Sophos Secure Email

Sophos Secure Email は、 セキュアコンテナなど、さまざまな機能を装備した Android / iOS 対応の PIM (Personal Information Management) で、 モバイルデバイス上の業務データ (ビジネス用のメール / 予定表 / 連絡先など) と個人データの領域を分離します。
あらかじめ設定したコンプライアンスルールに応じて、 違反デバイスによる業務メールへのアクセスを簡単に制限することが可能です。

Sophos Secure Emailの特長
  • Sophos Container メールポリシー用の UI の機能強化
  • Outlook のメモとタスクに対応
  • 複数メールアカウントの管理
  • ポリシーでのメール署名の設定
  • S/MIME に対応
  • ネイティブアプリのような使用感
  • BYOD デバイスに最適な業務メールのコンテナ化機能
  • 業務メールの保護設定を多様な OS に展開・一括管理
  • メールやコンテンツに埋め込まれた悪質なリンクからユーザーを保護するフィッシング対策機能
  • メールの添付ファイルを開いた際に復号化せず安全に保つセキュアコンテナ
  • コンテナ外へのデータ移動制御 (コピーや貼り付け、他のアプリでファイルを開くなど)

Sophos Secure Workspace

Sophos Secure Workspace は、コンテナ化機能を搭載した、iOS / Android 対応のモバイルコンテンツ管理アプリです。

業務文書ファイルの管理、 配布、 編集、ならびに Web コンテンツの表示を安全に実行できる環境を提供します。

セキュアなコンテナ環境内で Office 形式の文書ファイルを編集できるため、 暗号化されたコンテンツが復号化されず安全に保たれます。

Sophos Secure Workspaceの特長
  • 高度な暗号化方式、AES-256 で文書ファイルを暗号化・保存
  • 一元管理コンソールからデバイスにファイルを配布
  • 文書ファイルに埋め込まれた悪質なリンクからユーザーを保護するフィッシング対策機能
  • テキストファイルや圧縮アーカイブ、PDF、Office 形式の文書ファイルの閲覧・編集
  • Sophos Corporate Browser で、モバイルデバイスから安全にイントラネットや社内 Web サイトにアクセス

Sophos Intercept X for Mobile

Intercept X for Mobile アプリを使用すると、 パフォーマンスやバッテリー持続時間を犠牲にすることなく、 Android、 iOS のデバイス、 ネットワーク、アプリのセキュリティを確保できます。
ソフォスのディープラーニングベースのマルウェア対策テクノロジーを駆使し、Intercept X for Mobileは、Androidデバイス対応の実績あるウイルス対策やランサムウェア対策、 不要と思われるアプリ検出の機能を提供します。
中間者攻撃 (man-in-the-middle) の脅威の検出、 Web プロテクション、 不要なコンテンツの Web フィルタリングのほかにも、 Android および iOS 対応の多彩な機能が備わっています。
Chromebookユーザーの場合、 Sophos Chrome Securityは不適切なWeb コンテンツ、悪意のある Webサイト、 不要な拡張機能からユーザーを保護します。

Intercept X for Mobile は、 デバイスのセキュリティステータスを常に監視し、 デバイスの感染時にはユーザーに通知を行うので、 問題の修復アクションを実行したり、 業務データへのアクセスを自動的に制限することができます。
加えて、 iOS および Android の Sophos Intercept X for Mobile には、 Password Safe (パスワード管理機能) や、 セキュリティ機能付きの QRコードスキャナ、ワンタイムパスワードを使った認証機能が搭載されています。

Sophos Intercept X for Mobileの特長

  • Android、iOS、Chrome OS デバイスの保護
  • Intercept X のディープラーニングテクノロジーを使用して、悪意のあるアプリやランサムウェア、スパム、 業務上不要なアプリ (PUA)、 レピュテーションの低いアプリからの防御 (Android のみ)
  • Sophos Mobile または他社の UEM (Unified Endpoint Management) 製品を使用して導入
  • 中間者攻撃 (Man-in-the-Middle) の脅威の包括的な検出
  • Microsoft Intune 統合して、条件付きアクセスを実現
  • 不要な Web サイトのフィルタリング機能
  • インストール済みアプリのパーミッション情報チェック
  • セキュアな QR コードスキャナ
  • ワンタイムパスワードを使った追加認証
個人で使用する場合は、Apple App Store と Google Play から Intercept X for Mobile を無料で利用いただけます。

関連コンテンツ

お問い合わせ・資料請求はこちらから

Sophos製品に関するご質問は、お問い合わせフォームで、お気軽にご相談ください。

Sophosの製品パンフレットやカタログがダウンロードできます。

お客様の状況やご要望をお聞かせください。お打ち合わせフォームで、ご希望日時をご連絡ください。

お電話でのお問い合わせ

営業時間 平日 9:30~11:30 / 13:30~17:30
土・日・祝日は休業とさせていただきます。

050-3196-5333