MENU

ソフォスによるセキュリティ
会社パソコン持ち帰りによる安全なテレワーク

テレワークでのセキュリティ管理

働き方改革や新型コロナウイルスをきっかけにテレワークへ移行する企業が増加していますが、セキュリティが脆弱なままテレワークに移行した企業がランサムウェアなどのターゲットになっているケースが多く報告されています。

Sophosは、次世代ファイアウォールとエンドポイントセキュリティによるシンプルで安全なテレワーク環境を、中堅・中小企業に適した形で提供します。
テレワークにはさまざまな方式※がありますが、在宅勤務のために使い慣れたパソコンを持ち帰ることは最も容易であり、会社のパソコンを自宅でも使用するため追加投資が発生しません。
しかし、社内システムとの通信も含めてセキュアな環境が必要であり、パソコン本体のウィルス対策だけでは不十分です。

テレワークを安全に進めるためには ①技術的脅威 ②人的脅威 ③物理的脅威 に対する対策が必要です。

テレワークにおける技術的脅威とは、インターネットへの接続やUSBメモリなどの挿入、そして社内システムとの通信などの際にマルウェアに感染してパソコン内のデータが流失したり破壊される脅威です。
マルウェアはさまざまものがあり、代表的なものとしてはランサムウェアやエモテットなどがあります。
技術的脅威にはエンドポイントセキュリティと暗号化した通信を実現するVPN(仮想専用回線)などにより対策します。

人的脅威とは操作ミスや故意により発生する脅威です。会社パソコン持ち帰りによるテレワークではパソコンをうっかり置き忘れる事故は最も気を付けなければいけません。
人的脅威の対策としては、パスワードや情報の暗号化などシステムによるガードに加えて、パソコンの持ち出しルールや情報セキュリティに関する教育が重要になります。

さらに、テレワークでの物理的脅威として、パソコンの盗難にあわないように持ち歩くことは極力避けて、セキュリティが保てる室内の決められた場所で作業することが必要です。

アクシスではリモートデスクトップ方式、仮想デスクトップ方式、クラウド型アプリ方式などのテレワークに適用できるシンクライアントによるテレワークシステムも提供しています。

シンクライアントによるテレワークの詳細はこちらから 〉

技術的対策のイメージ

会社パソコン持ち帰りによるテレワークでの脅威と対策

1.技術的脅威に対する対策:エンドポイントセキュリティとVPN接続
2.人的脅威に対する対策:システムによるガードとルール・教育
3.物理的脅威に対する対策:盗難防止・家庭でのセキュリティ管理

ソフォスで実現する安全なテレワーク

ソフォスの次世代ファイアウォールSophos Firewall XGにはSophos ConnectとよぶVPNソフトウェアのライセンスが付属しています。
社外からパソコンで社内ネットワークにアクセスして仕事をする社員に対して非常に安全で暗号化されたVPN接続を提供することができます。
さらに、AIを搭載したエンドポイントセキュリティIntercept Xと組み合わせることで、より安全にテレワークをご利用いただけます。
ソフォス独自のテクノロジー「Security Heartbeat™」は、エンドポイントとファイアウォール間でセキュリティ情報をリアルタイムに共有する仕組みです。
エンドポイントセキュリティで脅威を検知すると、その情報を共有してファイアウォールはどのエンドポイントが危険なのか瞬時に把握し、自動的に適切な対処を行います。
そして、ソフォスの統合管理コンソール「Sophos Central」 により、Intercept Xでプロテクトされている持ち帰りパソコンも、Sophos Firewall XGも単一のコンソールで管理することができます。
これにより、人手を介さずに検知から駆除までをすばやく確実に行える高度なセキュリティ管理体制を実現し、安全なテレワークを可能にします。
ソフォスは、セキュリティの監視や復旧要員を常駐させづらい中堅・中小企業に最適なセキュリティシステムです。

お勧めシステム構成例

Sophos Firewall XG
  • Security Heatbeat
  • ファイアウオール
  • マルウェア対策
  • C&Cサーバー通信検知
  • ボットネット通信検知
  • IPS· SSL-VPN / IPSec VPN
持ち帰りパソコン
Intercept X Advanced with EDR
  • AIによる未知の脅威からの保護
  • ランサムウェアに特化した対策機能
  • マルウェア対策
  • エクスプロイト防止
  • 根本原因解析機能により、脅威のチェンを可視化
  • EDR(エンドポイント検出/対応)
パソコンの置き忘れや盗難からも企業情報をガードしたい場合は、Sophos Mobileも合わせてご検討ください。
Sophos Mobile
  • 包括的な UEM ソリューション
  • ソフォスの統合管理コンソール「Sophos Central」で一元管理
  • Sophos Container によるメール、文書ファイル、Webコンテンツのコンテナ化
  • iOS / Android デバイス上のMicrosoft Office 365 アプリの管理と設定
  • 端末全体の管理 (会社所有デバイス) または Sophos コンテナのみの管理 (BYOD デバイス) が可能
  • Android ゼロタッチおよびApple DEP の広範なサポート
  • フレキシブルなセルフサービスポータル

関連コンテンツ

お問い合わせ・資料請求はこちらから

Sophos製品に関するご質問は、お問い合わせフォームで、お気軽にご相談ください。

Sophosの製品パンフレットやカタログがダウンロードできます。

お客様の状況やご要望をお聞かせください。お打ち合わせフォームで、ご希望日時をご連絡ください。

お電話でのお問い合わせ

営業時間 平日 9:30~11:30 / 13:30~17:30
土・日・祝日は休業とさせていただきます。

050-3196-5333