コロナ禍で急増するECショップを効率良く管理運営する、ECショップ⼀元管理システム「EC-ceed:イクシード」を新発売

ITシステム開発を手がける当社、株式会社アクシス(代表:宮腰⾏⽣)は、楽天市場・amazon.co.jp・Yahoo!ショッピングなどのモールに出店している店舗をまとめて管理運営するシステム「EC-ceed:イクシード」を2021年2⽉17⽇から販売サイト( https://ec-ceed.net/ )にて発売します。

インターネット通販市場は毎年7%(*1)以上の拡⼤を続けてきましたが、コロナ禍でこの流れは加速し、実店舗からオンラインへ業態が⼤きく変化しています。
⼀⽅、新規出店が急増したために単独のECショップでは集客に苦労する場合も多く、集客⼒のあるモールに多店舗展開をするショップが増加しています。また、この変化に対応するための⼈材の育成も急務になっています。
イクシードは、ECショップの管理運営をシステムで効率化することで、限られた⼈員を有効に活⽤し、ECショップの売上を拡⼤するためのサービスです。

(*1)出典:経済産業省「電⼦商取引に関する市場調査」最新2020年7⽉22⽇発表:BtoC ECの前年⽐伸び率 2019年7.65%、2018年8.96%、2017年9.05%

イクシードについて

イクシードの主な特⻑

  1. 複数ショップを⼀括管理
    イクシードは、各ショップの管理画⾯で繰り返し⾏っていた商品登録と管理・受注・発注商品登録を、⼀括管理し、ショ ップごとに異なる操作⼿順を意識することなく、シンプルに作業が⾏えます。
  2. ショップ全体の業務を効率化
    イクシードは、商品の⼊荷や⽋品情報の設定、カタログの商品⼊替をすばやく⾏うことで、売上を最⼤化します。電話で受けた直接注⽂もショップ注⽂と同様に管理できます。
  3. 商品コードの統⼀不要
    イクシードは商品コードの統⼀は不要です。現在ショップごとに商品コードが異なっていても、そのままの商品コードが使えるので、⼤切にしたい商品レビュー(⼝コミ)や⼈気ランキングも引き継ぐことができます。

https://ec-ceed.net/

本リリースに掲載されている社名及び製品名は各社の商標または登録商標です。