コワーキングスペース、貸し会議室などスペースシェアビジネス専⽤の予約・運営システム「Core-Space(コアスペース)」を新発売

新型コロナウイルス対策にも有効な無⼈化運営が可能

ITシステム開発を手がける当社、株式会社アクシス(代表:宮腰⾏⽣)は、コワーキングスペース、レンタルオフィス、貸し会議室などのスペースシェアビジネス専⽤の予約・運営システム「Core-Space(コアスペース)」を2021年3⽉24⽇より、販売サイト( https://core-space.net )にて販売を開始します。

「Core-Space(コアスペース)」は、これからコワーキングスペース、レンタルオフィス、貸し会議室などのスペースシェアビジネスをスタートする⽅、また、既に課題を抱えている企業のニーズに応えるために、予約受付から施設内のIT設備の管理までを⼀元管理できるシェアスペース専⽤システムです。
特に会員情報を扱うシステムとして、セキュリティ対策のノウハウをもつ専⾨チームが会員データベースを構築した安⼼してご使⽤いただける最新のシステムです。

電⼦キーと連携してコアスペースを活⽤すれば、新型コロナウイルス対策にも有効な無⼈化運営が⾏えます。QRコードをスマートフォンでかざすだけで施設の利⽤が可能になり、鍵の受け渡しや対⾯対応無しで、予約、施設利⽤、決済までを⼀元管理し、新型コロナウイルス対策としても有効な⾮接触・⾮対⾯運営をすることができます。

Wi-FiなどIT設備も含めて⼀元管理

コアスペースはシェアスペース専⽤システムとして、予約受付・管理、クレジットカード決済、会員管理などの予約システムの機能に加えて、QRコードによるご利⽤スペースへの⼊退室管理までを基本機能としています。さらに、お客さまのご要望に合わせてwi-fiや複合機などIT設備との⼀元管理が可能です。

新型コロナウイルス対策にも有効な無⼈化運営にも対応

電⼦キーと連携してコアスペースを活⽤すれば、QRコードをスマートフォンでかざすだけで施設の利⽤が可能になります。鍵の受け渡しや対⾯対応無しで、予約、施設利⽤、決済までを⼀元管理し、新型コロナウイルス対策としても有効な⾮接触・⾮対⾯運営をすることが可能です。また、スタッフ業務を⼤幅に減らすことができ、⼈的エラーも減らしながら効率的に施設管理ができます。

スペースシェアビジネススタートアップの費⽤を抑制

コアスペースを利⽤することで、貸し会議室などの運営に必要なシステム開発費を抑制することができます。スタートアップの投資は、集客やサービスの充実に使⽤できます。
オフィスの位置付けが変わったように、ビジネスを運営するシステムもシェアする時代です。アクシスが提供するコアスペースはコワーキングスペース、レンタルオフィス、貸し会議室などスペースの専⽤予約・運営システムです。
運営管理システムは、顧客のニーズをフィードバックし改善していくことで進化しますが、本システムは、複数のクライアント様のニーズを掴み、改善していくことにより、短期間で導⼊でき、使い易さを追求したサービスを⽬指しています。